夜間の峠道は初心者が走る道じゃない

2015.09.27

夜間の峠道は初心者が走る道じゃない はコメントを受け付けていません。

私が免許を取り立ての頃、友人に合いに行く為に峠道を走行していた時に危うく事故を起こしてしまうところだった危機一髪な思い出があります、夜間の峠道ほど恐ろしい道は無いなと感じました、当時の思い出を語らさせていただきます。

 私はトヨタの「WISH」といいう車で峠道を走っていたのですが、夜間ということもあり、前方に車が走っていなかったので60キロぐらいで走行していました、登りは順調に走行していたのですが、トンネルを抜け下りになり、スピードも意図せず出てしまうため、定期的にブレーキを踏んでスピードをコントロールしていたのですが、見通しの悪いカーブに差し掛かった時に目の前に黒い大きな物体が見えました、私は急ブレーキを踏んで間一髪その黒い物体を回避できたのですが、ハンドルを切った瞬間にその黒い物体が道路の外側に走っていきました、その黒い物体の正体は鹿でした。峠道では動物注意の標識が見られる場所が多く、私が走行していた峠道でも動物に注意するように書かれた標識が立っていましたが、私は動物を意識することなく走行していた為、今回の様に鹿との接触事故を起こしてしまう間一髪の状況になってしまいました。初心者ということもあり、イレギュラーに対する予測知識が無かった為、起きてしまったものだと思います、動物に道路に入らないように注意することも出来ませんし、今回は私の不注意だと思いました。

 今回は事故にならずに車も私も無傷ですみましたが、もしあのまま鹿に突っ込んでいったのなら大きな事故になっていたと思います、それからというもの自身の運転技術に驕り無く運転する事を心掛け事故には注意をはらって運転しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー